フィラリア予防薬はいつから飲ませればいい?

犬を飼う際に注意したい病気の1つがフィラリア症です。
フィラリアはすでに感染している犬の血を吸った蚊が媒介となって感染します。
蚊にさされるとフィラリアの幼虫が犬の体内に入り、筋肉や皮膚の下にもぐりこんで成長し、やがて血管に移動して心臓などの最終的な寄生場所に移動して過ごすようになるのです。
その過程で器官が傷つき、運動を嫌がる、乾いた咳をする、腹水がたまったり浮腫が起こるといった症状が出ます。
多数の成虫がいる場合は血管を防いでしまって死に至ることもあります。

フィラリア予防薬恐ろしい病気ですが、予防薬を使うことで予防することは可能です。
愛犬の健康が心配なのであれば、しっかり予防薬を使用するようにしましょう。
予防薬には、注射、錠剤、スポット(滴下)型などがあります。
注射は獣医師が打ち、1度打ては1年間有効です。
錠剤やスポットタイプは、蚊の活動時期に月に1度のペースで与える必要があります。

なお、予防薬といっても蚊にさされてフィラリアの幼虫が体内に入るのを防ぐ効果はありません。
これは、体内で成長した成虫を駆除するものです。
たとえば、5月に投与した予防薬は3月や4月に体内に侵入して成長したフィラリアに対して効果を発揮します。

予防薬を飲ませるタイミングをいつからにしたらいいかは迷うところでしょう。
一般には、5~11月までといわれています。
しかし、実は飲ませるタイミングは地方によって異なるものです。
なぜなら、地方や地域によって気候や気温が違い、蚊が発生する時期が異なるからです。

年によっても気温は変わりますので、同じ地域でも蚊が発生する時期が違うということもあります。
いつから予防薬を与えたらいいかは、毎年かかりつけの獣医さんに相談すると良いでしょう。

なお、フィラリアの予防薬は動物病院のほかオンライン通販で購入することも可能です。
オンライン通販で購入するメリットは価格が安いことです。
しかし、薬事法の関係でオンラインで売られている予防薬は海外からの輸入品となります。
利用する場合は、信頼できるサイトから購入することが大切です。
また、すでにフィラリア症にかかっている犬に知らずに飲ませるとショック症状を起こすことがありますので、注意が必要です。

動物病院で購入すると料金は高くなります。
毎月の投与となりますので経済的に負担を感じる飼い主もいるでしょう。
しかし、安全面では問題はありません。
また、投与前には検査をして感染していないことを確認できますので安心です。
どちらで購入するかは、メリットデメリットをよく検討して決めましょう。

おすすめ記事