犬に与えちゃいけない食べ物がある!

犬と生活していると、飼い主が食べている物を食べさせたり、キッチンなどに出しっぱなしにしていた食材を知らない間に食べていたりといったことがあります。
しかし、人間の食べ物のなかには犬が摂取すると中毒症状を起こす危険なものがありますので、うっかり食べさせないことが重要です。
どんな食べ物が犬にとって危険なのかを知り、注意しましょう。

まずはチョコレートです。
チョコレートチョコレートに含まれるテオブロミンと呼ばれる物質が中毒の原因となります。
テオブロミンを犬が摂取すると、量によって、早い場合は1時間後、遅くても12時間以内に嘔吐や下痢、震え、脱水などの中毒症状を引き起こします。
最悪の場合は筋肉の硬直や昏睡が起こり、死亡することもあります。

タマネギもよくありません。
タマネギで問題となるのはアリルプロピルジスルフィドという成分です。
アリルプロピルジスルフィドを犬が摂取すると、赤血球が破壊されて貧血を招きます。
進行すれば呼吸困難で死に至ることもあるでしょう。

キシリトールもよくありません。
食べると嘔吐やよだれ、重度の場合は急性肝不全を引き起こします。
キシリトールを犬が食べるというのはあまりピンと来ないかもしれませんが、ガムなどに含まれていることが多い成分です。
飼い主がガムを食べるときは、容器を開けたままにしたりうっかり落としたりして誤飲されないように、よく注意しましょう。

ナッツが犬の中毒症状を引き起こすことも分かっています。
しかし、中毒を起こす原因物質やメカニズムははっきしりていません。
ナッツを食べると、早い場合は1時間後、遅くても12時間以内に嘔吐や脱力感、震え、ぐったりするといった症状があらわれます。

ぶどうやレーズンも、ナッツと同様に中毒症状を起こすことは知られているものの、何が原因となるかははっきりわかっていません。
ぶどうやレーズンを犬が摂取すると、1日以内に嘔吐や下痢などの症状が起こります。

飼い主が注意することで、犬の誤飲を防ぐことはある程度可能です。
室内飼いの場合は、食べ物を出しっぱなしにしない、犬だけで留守番をさせるときは食べ物をしまっているところを開けられないようにするといった工夫をすることが大切です。

万が一、危険な食べ物を食べてしまったときは、すみやかに動物病院を受診しましょう。
家庭でできる対処法はありません。
いつ何をどの程度食べ、現在どのような症状があるのかを、わかる範囲で詳細に、できるだけ正確に伝えましょう。

おすすめ記事