首輪と胴輪はどちらが良い?

犬を連れて歩くときは、決して野放しにしてはいけません。
どんなにしつけができていても、興奮して急に車道に飛び出し事故に遭ったり、通行人に飛びついて怪我をさせてしまったりする危険があります。
必ず、首輪か胴輪(ハーネス)をつけるようにしましょう。
この2つはそれぞれに機能が異なります。
それぞれの特徴を知り、用途に合わせて使い分けると良いでしょう。

首輪を付けた犬首輪は、犬の首に装着してナスカンにリードをつないで使います。
簡単に装着でき、取り外ししやすい点がメリットです。
ネームタグなどもつけておくと、万が一迷子になったときに役立つでしょう。
また、軽く引っ張るだけで「止まる」「こちらの方向に行く」といった飼い主の気持ちを伝えやすいです。
指示しやすいためしつけに向いているといえるでしょう。

しかし、首輪は一点で引っ張られやすいため、気管に負担がかかりやすい点がネックです。
特に、大きな犬は首にかかる負担が大きくなるため、注意しましょう。
また、首にだけに装着しているために抜けやすいです。
気管を圧迫することなく抜けにくい、ちょうど良いサイズのものを装着するようにしましょう。

胴輪は、胴や胸あたりを覆うようにして装着するものです。
ベルトを巻いて固定するタイプのほか、洋服のようなデザインのものもありお洒落が楽しめます。
胴輪は、首輪にありがちな、抜けやすい、負担が分散せず首に集中するといったことがありません。
胴や胸全体を覆いますので、急に引っ張られたときなどでも負担が分散して気管を傷めるといった心配はないのです。

しかし、胴輪のときは引っ張っても苦しくないために犬がどんどん進もうとしてしまい、飼い主が引っ張られやすい傾向があります。
道路に出ようとしたり通行人に飛びつこうとしたりする犬には、引っ張って「してはいけないことだ」と教える必要がありますが、胴輪ではそれが伝わりづらいのです。
しつけにはあまり向いていないでしょう。

首輪と胴輪は、どちらが良いというものではありません。
飛び出さない、飼い主より先に歩かないといったしつけをしたいときは指示しやすい首輪を使い、飼い主の指示を見ながら歩けるようになれば胴輪にするなど、用途や状況に合わせてうまく使い分けをすると良いでしょう。

なお、気管が弱っている犬やシニア犬の場合は、首輪は苦しいためハーネスが向いています。
また、足の短い犬は抜けにくいとされる胴輪でも抜けてしまうことがありますので、注意しましょう。

おすすめ記事